• 原宿の小さな喫茶店で開催される1ヶ月だけの展覧会。『それで君を呼んだのに 忌野清志郎を想う』


    忌野清志郎さんの誕生日である4月2日から、命日となった5月2日までの1ヶ月間、『それで君を呼んだのに 忌野清志郎を想う』と題した展覧会を行っている喫茶店があります。
    お店の名前は『SEE MORE GLASS』。アメリカの小説家J・D・サリンジャーの短編小説『バナナフィッシュにうってつけの日』に登場する小さな女の子・シビルの台詞に由来しているそうです。
    原宿の喧騒から切り離された地下街に佇む小さな喫茶店で、初めてこの展覧会が行われたのは2014年のこと。清志郎さんと生前懇意だった方や、その音楽を愛されている方たちの作品が展示されており、今年で5回目を迎えました。
    午前中まで降っていた雨が上がって、街に涼しい風が吹きはじめた平日の夜。途切れることなく清志郎さんの曲が流れる店内で、展覧会を行う店主の方にお話を伺いました。 READ MORE

  • IMG_9471
  • hayawari18-01

    フジロック早割岩盤待機列レポート2018


    hayawari18-01

    まだ第1弾の出演者も発表されていない時期にもかかわらず、早割チケットを手に入れるため、寒空の下で震えながら並ぶ。それが「フジロック早割岩盤待機列」。
    2月3日に池袋パルコの岩盤ショップで販売されるフジロックの早割チケットを購入するため、各地からフジロッカーたちが集まってくる。「この待機列に並ぶことで、今年のフジロックがはじまる」という人もいるという。もはやひとつのイベントのようになっている「フジロック早割岩盤待機列」に参加しつつ、Twitterでリアルタイムレポートを敢行! 待機列参加者へのインタビューや詳細もまとめてみました。 READ MORE

  • kiyoshi-02

    〝キング・オブ・フジロック〟忌野清志郎との個人的な思い出 〜出会いから、お墓参りまで〜


    kiyoshi-01

    自転車での苗場入り、それぞれ異なるユニットでの3日連続出演、亡くなった年にグリーンステージで行われた追悼ライブなど、フジロックで今なお語り継がれる数々の逸話を持ち、〝キング・オブ・フジロック〟とも称される忌野清志郎。

    彼が日高大将からの依頼を受け、フジロックのテーマソングとして作ったという「田舎へ行こう! Going Up The Country」は、会期中に毎朝グリーンステージで流れており、フジロッカーたちのフェスティバル気分を盛り上げてくれる大切な要素のひとつになっています。

    この曲が誕生したのは、フジロックが苗場にやってきた1999年のこと。つまり、フジロックが苗場開催20周年を迎える今年、テーマソングである「田舎へ行こう! Going Up The Country」も誕生20周年を迎えることになるのです。

    この記念すべき年に、筆者は初めて清志郎さんのお墓参りへ行ってきました。個人的な思い出を交えて、その感想を綴りたいと思います。 READ MORE

  • 昨年、実際に撮影された当日の写真。「hoshioto」の名に相応しく満天の星が広がっている。(hoshioto提供)

    フジロッカーが作り上げた野外フェスティバル! ~『hoshioto』代表者藤井裕士氏インタビュー~


    「日本で2番目に星が美しい町」として日本三選星名所の一つにも選ばれたこともある岡山県井原市で「最高の星空の下で最高の音楽を」がコンセプトの野外フェスが開催される。そんなフェス『hoshioto』の代表者である藤井裕士氏は生粋のフジロッカーでもある。今回は藤井氏にhoshioto開催のいきさつ、そしてフジロックがhoshiotoに与えた影響についてインタビューを敢行した。 READ MORE

  • frf18-release-v5

    お待たせですっ!日割り&ヘッドライナー大発表!フジロック’18 第5弾追加アーティストは個性的な11組がスタンバイ


    第1弾のアーティスト発表から約2ヶ月。「あのアーティストと、このアーティストが同日だったら超最高!」「この並びだったら1日中踊るしかないっしょ!」など色々と妄想を膨らましていたフジロッカーもいることでしょう。

    では、みなさんお待たせしました。曜日ごとのヘッドライナーと出演アーティストの日割りの発表です!今年は、27日(金)N.E.R.D、28日(土)KENDRICK LAMAR、29(日)BOB DYLAN & HIS BANDがトリを飾ります。 READ MORE

  • Glastonbury Festival 2017 | Photo by Masahiro Saito

    フジロック2018最初の挨拶 後編: 20回目の苗場にグラストからアレが!


    「キューバ」「ボブ・ディラン(のヒント)」と様々なトピックをお届けしてきたSMASH日高社長メッセージ。最後は、もうひとつだけフジロックを彩る新たな要素と、1999年から毎年フジロックの舞台であり続ける苗場についてのお話です。苗場開催20回目を記念し、新潟ゆかりのアーティスト情報もお伝えします。 READ MORE

  • DSC09995

    フジロック’18オフィシャルパーティ「花見だ!ダンスだ!フジロック!!」レポート


    フジロックの第4弾の発表があった3月23日、フジロックの名物キャラ「ゴンちゃん」の生みの親である、ゴードン率いるDJチームをLONDONから招き、青山REDSHOESにて、オフィシャルパーティーが開催されました。会場には沢山のフジロック好きが集まり、飲みながら今年のフジロック話で盛り上がったり、この日集まったスペシャルなDJ達の選曲に合わせて踊ったりしながらイベントを楽しんでいました。イベント会場では、去年のフジロックの映像がスクリーンに終始映し出されており、ビール片手にフジロックの思い出話が聞こえてきたりしていたので、今年のフジロックへ向けてのワクワクする気持ちもグンッと高まりました。 READ MORE

  • 29341268_1670861766326992_1653193999_n
  • rookie_pt3

    ROOKIE A GO-GO 2017年出演者インタビュー!Day3編


    rookie_pt3

    日本が誇るアーティストたちを続々と排出しているROOKIE A GO-GO。3日間に渡りお送りしてきたインタビューは、本日で最後になります。来年、メインステージに立つのは、いったいどのアーティストなのでしょうか?2017年のステージでライブを見て、衝撃を受けたアーティストがまた大きくなってメインステージで見られるなんて……想像しただけで興奮してしまいますよね。あなたの1票で今年のフジロックに出演するアーティストが1組決まりますよ!
    それでは、3日目に出演したアーティストたちのインタビューをどうぞ! READ MORE

FUJIROCK EXPRESS ’17

FUJIROCK EXPRESS '17

FUJIROCK EXPRESS INSTAGRAM

FUJIROCK EXPRESS INSTAGRAM

FUJIROCK EXPRESS LIVEREPORT ARCHIVE アプリをリリースしました!

FUJIROCK EXPRESS LIVEREPORT ARCHIVE アプリをリリースしました
PAGE TOP