• 001top

    紅葉真っ盛り!第55回秋のボードウォーク・キャンプをレポート!


    001top

    楽しかった朝霧Jamも終わり、もう少しで全国的に紅葉シーズンへ突入しますね。そんな中、秋の苗場は一足先に紅葉がピークを迎え、多くの観光客で賑わっています。秋の苗場の景色はどうなっているのでしょうか?10月22日に行われた第55回ボードウォーク・キャンプをレポートします。 READ MORE

  • 14721489_1242754272443209_190055514036827432_n

    雨も霧も演出効果。タフに音楽を楽しんだ朝霧Jam、2016。


    14721489_1242754272443209_190055514036827432_n

     雨と霧、そして泥が印象深かった今年の朝霧ジャム。テントの設営や足元に苦労した人が多かったようです。2つのステージ前は水浸しとなり、歩いていて、次の一歩を踏み出す場所に迷うほどでした。霧がなかなか晴れず、会場は白い壁に囲まれたようなミステリアスな雰囲気に。富士山はおろか、100メートル先が見えなくなってしまうこともありました。それでも、1日目はそれほど気温が下がらず、いったんは天候も回復。フリスビーにシャボン玉、バーベキューといった、いつもの朝霧の光景が見られました。 READ MORE

  • Photo by Hiroshi Maeda

    「ボードウォーク・ボランティア・キャンプ Vol.55」申込スタート!


    晴天のフジロックに対して濃霧の朝霧Jamが先日無事に終了しました。今年もいろいろ楽しかったですね。比較的暖かい気候が続いた9月でしたが、10月に入り気温がガクンと落ちて、秋らしい空気になってきました。FESが次々と終わり、何だかオセンチな気持ちになっていませんか? そんな方々に朗報です! 今年最後のボードウォーク・キャンプ開催のお知らせ。苗場で行われるこのキャンプは、ボードウォーク修繕のボランティアキャンプとなります。下記の隊長のお知らせの通り、今回はいろんなイベントが行われる予定! お時間ある方は、ぜひご参加ください。10月と言えど、夜の苗場は極寒です。防寒具は多めに越したことはありません。ご注意ください。 READ MORE

  • Photo by アリモトシンヤ

    週刊フジ 〜初フジロック編③〜


    何も分からなくても、何もなくても、身体ひとつあればフジロックは楽しめるんだと気がついた。 READ MORE

  • Photo by 安江正実

    週刊フジ 〜カメラマン編③〜


    オルグスタッフのカメラマンたちに共通の質問をしてみました。カメラマンが見て、感じたフジロックとは? READ MORE

  • © Fujirockers.org

    週刊フジ 〜名場面編⑫〜


    フジロック回想 READ MORE

  • Photo by サイトウマサヒロ

    週刊フジ 〜カメラマン編②〜


    オルグスタッフのカメラマンたちに共通の質問をしてみました。カメラマンが見て、感じたフジロックとは? READ MORE

  • 左から楠本、大原、大塚、A.Jaws

    進化し続けるITAMI GREENJAM、目指すはフェスの向こう側!


    兵庫県伊丹市の活性化を掲げ、市内の若者が立ち上げた関西最大級の無料ローカルフェスITAMI GREENJAMが今年3回目を迎える。過去には溺れたエビ!や奇妙礼太郎といったフジロックでもお馴染みのアーティストが出演し、無料フェスにありがちな広場にステージがどーんとあるだけの無機質な会場ではなく、森と池のある自然豊かな昆陽池公園に装飾やマーケット、子どもエリアを配したこだわりの空間は、フェス好きの間でも評価が高い。
    会場に流れる空気感は、さながらフィールド・オブ・ヘヴンのようだといえば、参加者の半数が家族連れでやってくるというのもうなずけるだろうか。
    初回は6,000人、2回目は10,000人を動員し、順調に成長してきたフェスについて、実行委員会の中心となる4人に意気込みを聞いてきた。
    順風満帆かと思いきや、そこにはバンドさながらのドラマがあった。
    初期衝動の1回目、プレッシャーと向き合った2回目を経て、やりたいことがみえてきた3回目へ。出演者に竹原ピストル、MOROHAらを迎えて目指すピース×ピースではないフェスのあり方とは?! READ MORE

  • 01-2780

    フェスデートに恋愛・結婚、話はあらぬ方向へ!?大森靖子×あたそ フジロック最強ガールズ対談【後編】


    20周年という大きな節目に数々の伝説を残したFUJI ROCK FESTIVAL ’16。その中でも全身全霊のライヴ・パフォーマンスで観客のみならずミュージシャンからも多くの称賛を集めた大森靖子と、悩める女子たちの共感を得てTwitterフォロワー数7万人超えの非モテ系ライターあたそによるフジロック・ガールズ対談の後編。大森靖子の3作リリースに負けじと3部構成となった最終章は、みんな気になる“フェスデート”事情について歯に衣着せぬ2人にぶつけてみた。今年の夏も様々な土地でアツく繰り広げられたであろう音楽フェスの新事情に、多くの支持を集める恋愛仕置人な2人は何を思うのか!? ニューシングルの話も交えながら話はどんどんエスカレートし、自身の恋愛&結婚話まで…!? その動向から目が離せない“絶対最強女子”な2人によるセキララ制御不能なぶっちゃけガールズ・トークをお楽しみあれ。 READ MORE

  • 08-2774

    夏フェスの楽しみ方からバックヤード話まで!? 大森靖子×あたそ フジロック最強ガールズ対談【中編】


    20周年を迎えたFUJI ROCK FESTIVAL ’16にて、RED MARQUEEでの熱気溢れるライヴで大きな話題を呼んだ大森靖子と、Twitterでフォロワー7万人を超える人気を集める非モテ系ライターあたそによるフジロック・ガールズ対談の中編。前編では、今年の夏、各地のフェスで大熱戦を繰り広げた大森靖子のフェスへの向き合い方とその想いへと迫ることができ、大きな反響を得た。中編では、今年のフジロックを振り返りつつフェスの楽しみ方について訊いた。フェスで観た“あの人”のライヴ話やバックヤード話も飛び出し…!? “絶対最強”なガールズ対談の第2弾をどうぞ! READ MORE

FUJIROCK EXPRESS ’16

FUJIROCK EXPRESS '16

FUJIROCK EXPRESS LIVEREPORT ARCHIVE アプリをリリースしました!

FUJIROCK EXPRESS LIVEREPORT ARCHIVE アプリをリリースしました
PAGE TOP