• 【コラム】メインステージ以外の魅力


    フジロックに初めていく人のための連載コラム第七弾。「メインステージ以外の魅力」。全部を回るだけで1日終わるよ!そんな規模感のフジロック。音楽のテーマパークです。

    ボードウォークの途中で現れる木道亭

    ボードウォークの途中で現れる木道亭

     デビュー前やデビュー直後のルーキー達が出演するステージ、ルーキー・ア・ゴーゴー。くるり、The Bawdies、ceroなどを排出していることでも有名だ。そこに隣接する、クリスタル・パレス・テントでは、終日DJやバンドのパフォーマンスが繰り広げられる。大物も出たりするので、近くでみたい方にはおすすめだが、早く行かないと入場規制がかかってしまうので注意。
     オアシス・エリアに隣接するのが、苗場食堂。新潟の地酒を飲みながら鑑賞できるステージだ。そして、ホワイト・ステージとフィールド・オブ・ヘブンの間にあるのが、ジプシー・アヴァロン。太陽などのソフトエネルギーでまかなっている1000人規模の小さなステージだが、斉藤和義×中村達也などと言ったフジロックならではのコラボレーションが見られることも。
     またボードウォークを歩いていると突如、木道亭が現れる。アコースティックなムードが漂う場所だが、大合唱やモッシュが起きたりもする無視できないステージのひとつだ。さらにボードウォークを進んで奥地に入るとあるのが、カフェ・ド・パリ。ジプシーなどの演奏をはじめ、ポールダンスやマジックなども見られる場所。そのほど近くにあるのが、バスカー・ストップ。その名の通り、さまざまなアーティストがバスキングするステージで、飛び入り、投げ銭なんでもあり。サプライズが一番起きるステージかもしれない。
     苗場プリンスホテルのさらに奥には、キャンドル・JUNEがプロデュースする、ピラミッド・ガーデンがある。キャンプサイト内にある唯一のステージで、独特なゆるい空気が流れる。さらにドラゴンドラの終点には、デイドリーミング・アンド・サイレントブリーズ。今年は、ステージではなく AMUSEMENT のくくりのため出演者・タイムテーブル発表はないが、ダンスミュージックからチルアウトまで、子供から大人まで楽しめるステージだ。
     それぞれのステージがそれぞれのフジロックを演出してくれる。ぜひ全てに足を運んで欲しい。

    写真:suguta
    文:マルヤマリョウヘイ


    関連記事:
    【コラム】ファンがつくる世界一のフェスティバル
    【コラム】行きたいけど行かない人たちへ
    【コラム】キャンプサイト場所取り合戦を制せ!
    【コラム】ボードウォークってなに?
    【コラム】フジロックのフェスごはん
    【コラム】4つのメインステージ

    この記事に関するFacebookコメント

FUJIROCK EXPRESS ’18

FUJIROCK EXPRESS '18

FUJIROCK EXPRESS INSTAGRAM

FUJIROCK EXPRESS INSTAGRAM

FUJIROCK EXPRESS LIVEREPORT ARCHIVE アプリをリリースしました!

FUJIROCK EXPRESS LIVEREPORT ARCHIVE アプリをリリースしました
PAGE TOP