• 第59回のボードウォーク・キャンプレポート。初めての参加者の目線からレポートします!


    ボードウォークに好きなことを書き込める!

    一度テントに帰ろうと歩いていると、ペンを持った団体の方々に出会いました。ボードウォークにメッセージを書き込んでいるようです。

    一生懸命に書き込みをする子どもたち Photo by Riho Kamimura

    一生懸命に書き込みをする子どもたち
    Photo by Riho Kamimura

    ボードウォークに参加した人は無料でイラストや文字を書き込むことができます。自宅からペンさえ持って来れば、自由に書けることも嬉しいポイント。

    富士山のイラストから、自分たちの似顔絵と名前、おしゃれに描いた「FUJI」の文字。みんな思い思いの絵や文字を書いていきます。そのなかから少しご紹介します!

    幸せそうな笑顔で撮影に応じてくれたお二人 Photo by Riho Kamimura

    幸せそうな笑顔で撮影に応じてくれたお二人
    Photo by Riho Kamimura

    まずはこちらのご夫婦から!特徴を捉えた絵が印象的で、「素敵な絵ですね!取材しても良いですか?」と話しかけると間髪入れず「去年、結婚式でエキスプレスに取り上げられたんです」と。なんとグリーンステージで結婚式を挙げた夫婦だったのです。
    今年はどんな風にして取材してもらおうかと考えていたところ、今回声をかけられたそう。まさかの2年連続でオルグチームが声をかけてしまいました!今でも仲良しなお二人。素敵な家庭を築いてください♡

    楽しく明るい、豪雪JAM御一行 Photo by Riho Kamimura

    楽しく明るい、豪雪JAM御一行
    Photo by Riho Kamimura

    もう少し奥地に向けて歩いていると、今度は賑やかな集団が…!ボードを複数枚を使って目立つように黄色に塗っています。近くに寄ると「新潟の夏はフジロック、新潟の冬は豪雪JAM!」と書いてあります。なんと3月にオルグチームで取材した豪雪JAM御一行でした。豪雪JAMは苗場から車で約1時間の十日町市で行われるフェスです。冬フェスをお探しの際はぜひチェックしてみてください!

    シンプルに白と黒で山を描いたそう Photo by Riho Kamimura

    シンプルに白と黒で山を描いたそう
    Photo by Riho Kamimura

    最後に目を惹かれたのは、おしゃれなボード。描いている人に話を聞くと、東京と神奈川から来た男性お二人だそう。フジロックには何回も行っているものの、ボードウォーク・キャンプは初めての参加。「普段見ることのできないステージの様子に得した気分になれますね」とキラキラした笑顔で答えてくれました

    しかも描いているメッセージがまた良いエピソードでした。今年はご友人の娘さんがフジロックデビューを果たすので「ぜひこのボードウォークを見つけて欲しい!」と名前入りで書いているそう。きっと見つけたら喜んで貰えますね〜!今からその瞬間が楽しみです!

    ゴンちゃんが描かれているボードも Photo by Riho Kamimura

    ゴンちゃんが描かれているボードも
    Photo by Riho Kamimura

    夜はみんなで焚き火を囲んでキャンプ!

    ボードウォークに自分好みのイラストを描いたら、温泉で身体の疲れをほぐします。
    参加者には、入浴券が配られます。入浴施設は、「雪ささの湯」。苗場食堂からは車で約10分、歩いて30分ほどの場所にあります。そしてロビーには瓶に入った牛乳やコーヒー牛乳!ついつい温泉に来ると飲みたくなってしまいますよね!

    キャンプのお楽しみ、キャンプ飯 Photo by Riho Kamimura

    キャンプのお楽しみ、キャンプ飯
    Photo by Riho Kamimura

    温泉からあがったら、みんなでキャンプ飯!持ち寄った食材や料理をみんなでとりわけ、お酒を飲みながら語らいます。

    焚き火を囲んで飲み明かすのもキャンプの醍醐味 Photo by Riho Kamimura

    焚き火を囲んで飲み明かすのもキャンプの醍醐味
    Photo by Riho Kamimura

    寒くなると、至るところに焚き火が用意されます。そして苗場食堂には特設DJブースも。焚き火で暖まりながら、音楽を聴いて語らう。最高の春キャンプですね。

    2日目の朝も晴天!みんなそれぞれ準備を始めます  Photo by Riho Kamimura

    2日目の朝も晴天!みんなそれぞれ準備を始めます
    Photo by Riho Kamimura

    2日目も朝9:30集合で同じように木材剥がし、木材運び、釘打ちといった作業を行いました。作業は午前中のみ。12時にご飯を食べて、各自解散の流れとなりました。

    木漏れ日のなかのボードウォーク Photo by Riho Kamimura

    木漏れ日のなかのボードウォーク
    Photo by Riho Kamimura

    身体は疲れましたが、充実感に溢れる2日間でした。今までボードウォーク・キャンプは「体力ないし、大変そう…」といった印象だったのですが、行ってみたら作業もキャンプも存分に楽しめました。普段見ることはできない、フジロックの裏側を見られたことも貴重な経験でした。こうして作業したボードウォークをフジロック当日に見ることも今から楽しみです。

    この記事を読んで少しでも興味の湧いた方は、ぜひ次回のボードウォーク・キャンプに参加してみてください!きっと楽しい2日間があなたを待っています。

    *次回ボードウォーク・キャンプのご案内!
    日時:7月14日(土)、15日(日)
    詳細はこちら!フジロック開催前、最後のボードウォーク・キャンプです。

    そして、最後に残念なお知らせが…。
    なんと福田屋こと、フクダヤ商店が2018年3月末で閉店していたとのこと。お酒や菓子類など何でも揃っていたフジロッカーにとっておなじみの場所が…。毎年、お酒の調達に行かれていた方はご注意ください!

    文:Madoka Hasegawa
    写真:アリモトシンヤ(fujirockers.org / Festival Life)、Riho Kamimura

    この記事に関するFacebookコメント

FUJIROCK EXPRESS ’17

FUJIROCK EXPRESS '17

FUJIROCK EXPRESS INSTAGRAM

FUJIROCK EXPRESS INSTAGRAM

FUJIROCK EXPRESS LIVEREPORT ARCHIVE アプリをリリースしました!

FUJIROCK EXPRESS LIVEREPORT ARCHIVE アプリをリリースしました
PAGE TOP