• 15周年に向けて。朝霧JAMを継承するのはあなた


    フジロックからはや三ヶ月が過ぎ、今年も朝霧JAMの季節がやってきました。例年通り、駐車場付きのチケットは即日完売。フジロッカーからフェスティバル好きの若者、さらにはキャンプ好きの家族といった幅広い客層を取り込み、日本でもオンリーワンのフェスティバルとして不動の地位を確立している朝霧JAM。近年、会場も徐々に拡大し始め、フェスティバルが新しい段階へと向かっていることは間違いないでしょう。そんな14年目を迎えた『It’s a beautiful day ~Camp in 朝霧Jam』のさまざまな模様をフジロッカーズ・オルグと姉妹サイト「Smashing Mag」で特集していきます。

    shinya001

    今年の主役は富士山ではなく台風!?

    今年の開催前の話題は何を置いても「台風」でしょうか。「台風19号」の接近に伴い、主催者から「朝霧JAM開催の可否に関する案内」が発表され、「無事に開催されるのかだろうか…」「開催されても台風が来るのでは…」と、14年目の朝霧JAMは不安とともに始まりました。みなさんの願いが通じたのか、富士山のパワーなのか、晴れ男、晴れ女が大集合したからなのかはわかりませんが、蓋を開けてみれば、二日間雨が降ることのない素晴らしいフェス日和となりました。残念ながら、富士山の姿は初日と二日目の午前中くらいしかはっきりと見ることはできませんでした。ですが、常に見えなくても富士山の存在感を感じ取ることができるのがこのフェスのすごいところ。朝霧高原の澄んだ空気のもとで、早起きをしてご来光を見たり、富士山を背にラジオ体操をしたりと「富士山と◯◯」といった日本人の誰もが憧れる組み合わせを堪能できるのです。


    taio013

    そんな環境のもとで観るライヴは一段と格別なわけで、国内外問わず20組以上のアーティストが素晴らしい演奏を聴かせてくれました(ライヴの詳しい様子は姉妹サイトSmashing Magでチェックしてみてください)。

まず、初日の「RAINBOW STAGE」では、昨年のフジロックでも「酒」と「歌」で会場を賑やかしたSKINNY LISTERやデビュー当時のオリジナル・メンバーで再び日本に帰ってきてくれたG.LOVE & SPECIAL SAUCE、新旧交えたセットリストで観客を沸かせたCaravan、ヘッドライナーとして貫禄あるステージをみせたSOIL&”PIMP” SESSIONSなど、これぞ朝霧JAMならではのライヴが次々と繰り広げられました。セカンドステージの「MOONSHINE STAGE」では、グラストンバリー・フェスティバルのメインステージに出演したことでも話題になったTURTLE ISLANDや世界が注目する若手アーティストであるジェイムス・ブレイク率いる1 -800 DINOSAURらが登場し、会場を沸かせました。

    二日目は初日の盛り上がりはそのままに、より朝霧らしさを感じられる「Love & Peace」なライヴがたくさんありました。メインステージだけをとってみても、ステージを降りてお客さんと一体となった演奏を行なったハンバート ハンバート、超絶ギターテクニックで観客を震撼させたJEFF LANG、ジャンルレスな音楽を響かせ朝霧アリーナを巨大なダンスフロアに変えたYOUR SONG IS GOOD、ジャマイカン・ミュージックを率いてきた巨匠たちの熱いセッションがおこなわれたSLY & ROBBIE and THE TAXI GANG featuring JOHNNY OSBOURNE、念願の朝霧JAM初ヘッドライナーを飾ったTHA BLUE HERBと「朝霧で観ることができて本当によかった」と心の底から思わせてくれるライヴが立て続けにありました。

    朝霧JAM 出演ARTIST

    10/11 SAT

    Rainbow Stage
    14:00 – 14:50 Heymoonshaker
    15:30 – 16:20 SKINNY LISTER
    17:00 – 18:00 G.LOVE & SPECIAL SAUCE
    18:40 – 19:50 Caravan
    20:30 – 22:00 SOIL&”PIMP”SESSIONS
    Moon Shine
    14:00 – 14:45 TURTLE ISLAND
    15:15 – 16:00 CIAN FINN
    16:30 – 17:30 MUNGOS HI FI × PART2STYLE ft. Charlie P
    18:00 – 19:00 SEIHO
    19:15 – 21:45 1-800 DINOSAUR
    DJs : JAMES BLAKE, DAN FOAT, AIRHEAD, Mr Assister

    10/12 SUN

    Rainbow Stage
    09:30 – 10:30 ラジオ体操~西富士開拓の唄~SUWA & HAGI
    11:00 – 11:40 ハンバート ハンバート
    12:00 – 12:50 JEFF LANG
    13:20 – 14:10 YOUR SONG IS GOOD
    14:50 – 15:40 QUANTIC
    16:20 – 17:30 SLY & ROBBIE and THE TAXI GANG featuring JOHNNY OSBOURNE
    18:00 – 19:00 THA BLUE HERB
    Moon Shine
    11:00 – 11:45 竹内朋康カルテット
    12:15 – 13:00 浅草ジンタ
    13:30 – 14:15 湯川潮音
    14:30 – 15:30 SUNS OF DUB ADDIS PABLO & RAS JAMMY feat. JAH BAMI
    16:00 – 17:00 OOIOO
    17:30 – 18:30 Deadbeat & Paul St Hilaire

    More Performance

    【Livepainting】
    Gravityfree / 新世界クルー / Hayato Hori (HOLHY)
    【Decorator】
    Inflatable installations by Designs in Air

    NEXT PAGE:ライヴ以外にもある朝霧JAMの楽しみ方

    この記事に関するFacebookコメント

FUJIROCK EXPRESS ’17

FUJIROCK EXPRESS '17

FUJIROCK EXPRESS INSTAGRAM

FUJIROCK EXPRESS INSTAGRAM

FUJIROCK EXPRESS LIVEREPORT ARCHIVE アプリをリリースしました!

FUJIROCK EXPRESS LIVEREPORT ARCHIVE アプリをリリースしました
PAGE TOP