• 牛窓ナチュラルキャンプ2015 体験レポート


    ushimado_photo_0018

    岡山県は瀬戸内海に浮かぶ“ほぼ無人島”の黒島で9/20(日)21(月)に開催された牛窓ナチュラルキャンプに行ってきました。牛窓港から船に乗り、10分ほどで到着する小さな島で行われるこのフェスティバルでは、音楽の他に、子供から大人まで楽しむことができるワークショップが充実。メインステージが1つにDJブースが2つと、規模はあまり大きくないフェスティバルですが、そこにはキャンプをしながら島の自然を楽しむことのできる世界が広がっていました。
    ちなみに、“ほぼ無人島”というのは、島には畑があり、持ち主の方が農作業をする際に島を訪れているのだそう。

    流木のデコレーションが施されたツリーステージでは、潮風に吹かれて聴くのにピッタリな心地良いアコースティックをメインに、ジャズやロックなどを楽しむことができました。ラインアップの中には、フジロックにゆかりある方々も。
    ところ天国の大人気店、天国バーガーのお店でスタッフを務めるASSAN、今年ジプシー・アバロンに出演したRei、過去にルー・キー・ア・ゴーゴーに出演したことのあるKING COLUMBIAが今年は出ていました。
    また、フジロックではストーンド・サークルの名前でお馴染みの打楽器ジャムセッションが体験できるドラムサークルもあり、今年のフジロックに参加されていたスタッフの方々も来ていました。

    晴天に恵まれ、初めての島フェス体験に心を躍らせながら、あっという間に過ぎた2日間。フェスティバルが終わった後、東京、新潟、愛知から牛窓ナチュラルキャンプに初参加した取材班メンバーで座談会を開いたので、ゆるりとした体験レポートとしてお届けいたします。

     

    <メンバー紹介>

    【森】フジロックを始め、国内外の様々なフェスを撮影。アメリカで行われるSXSWには毎年参加。今年の秋には香港の都市型フェス、Clockenflapへ。

    【アリモト】フジロックを中心に様々なフェスで女子スナップを行う、言わずと知れた美女ハンター。三度の飯よりビール好き。

    【リコ】1999年よりフジロックに毎年参加(’00、’01除く)。海外フェスはグラストンバリーへ4回ほど。フェスでは会場を歩き回って面白いことを探すのが好き。

     

    牛窓ナチュラルキャンプに参加しようと思った理由

    ushimado_photo_0003

    :場所が気になって。フェスに行くというよりは、無人島に行く、という感覚かな。冒険に行くみたいな、そういうワクワクドキドキ感がちょっとあった。そんなところでやるフェスってあんまりないでしょ?

    アリモト:自分は岡山に行ったことがないっていうのがまずあって。それで、ほぼ無人島でやるってどんなフェスなんだろう?と、すごい興味があったんで。何年か前からやっていることは知っていたから1度行ってみたいなと思ってた。でもやっぱり、「無人島」っていうキーワードが、かなりグっときたよね。

    リコ:だよね。やっぱり、そこにひかれるよね。もし無人島じゃなかったら、愛知から岡山まで行っているかはちょっとわからないかも。

    :そうだね、人が普通に住んでいる島だったら行かなかったかもしれないね。

    リコ:私は実際に行った友人から、すごく良いところという話は聞いていたから興味はあって。もちろん、みんなと同じで「無人島」というところに好奇心をくすぐられた。想像ができない未知の世界を体験してみたいなと。それに今回は東京からの車でピックアップしてもらえるから、このチャンスは逃せないなと思って。

    アリモト:さっき、リョータさんが冒険て言っていたけど、島に行く船に乗っている時はトムソーヤーの冒険みたいな感じがしてワクワクしたよ。かなり。

    :船、楽しかったね。俺もワクワクした。

    リコ:普段は乗る機会がないから、エンジンの音や水しぶきを見ているだけで、今まさに向かっているんだなって興奮した。

    アリモト:意外とすぐ着いちゃったよね。10分くらいだったかな?

    リコ:まあ、港から黒島見えてるしね。

    :俺さ、誰かから泳いで渡るって聞いたことあるんだよね。だから、それもちょっと期待した。

    (2人爆笑)

    アリモト:それは、映画の世界か何かと。

    リコ:こんな重いカメラバッグあるのに、沈むでしょ。

    :防水の袋に荷物を入れるとか、頭に樽をのせてそこに入れるとか。泳ぐことはないにしろ、遠浅になっていて、じゃぶじゃぶ歩いて渡っていくのかなと。それか水牛にまたがって行くとかね。

    アリモト/リコ:牛窓だけに?

    :うまい!(笑)

    いざ、島に着いてみてどうだった?

    ushimado_photo_0013

    アリモト:海がきれいで景色が最高!島だけど岡山市内から車で1時間くらいで港に着くから行きやすいよね。

    リコ:そうだね。駐車場から船乗り場まで歩いてすぐだし。

    :島に上陸する時、興奮したよね。着いたぜー!って。

    アリモト:ここかー!みたいな。

    リコ:みんな初参加だから、上陸するだけでもテンション上がったね。

    :でも、ぶっちゃけあれだけ人がいたら、もはや無人島感ゼロだよね(笑)。

    リコ:いや、フェスだから人いるでしょ(笑)

    :俺そこまで詳しく調べてなかったから、逆に何があるんだろう?っていうワクワク感は大きかった。キャンプサイトはどんな場所なんだろう?とか。海岸沿いを荷物持って歩いているだけですごく気持ち良かったし。

    リコ:まさか、あんな海辺にテントを張るとは思わなかったよね。

    ※スタッフ用のキャンプサイトは会場奥の浜辺沿いでした。

    アリモト:寝ている時、すごく波の音が聞こえたもんね。あとは、いびきの音も(笑)。

    :波打ち際だったね。潮が満ちてきたらテント浮くんじゃないっていうくらい(笑)

    アリモト:どこまで水が上がってくるのかわからなかったけど、お昼に一度テントへ戻る時、ちょうど満ち潮で。途中で浜辺が無くなってたから、上の岩場を歩いて行ったよ。

    リコ:あれは一瞬焦るよね。浜辺が、ない!って。

    アリモト:そうそう。どうやって行けばいいんだろう!?って。

    :道がなくなるキャンプサイトってすごいよね(笑)

    (一同爆笑)

    :夜にテントへ戻った時もちょうど満ちてたよ。でも海パンにサンダルだったから、水の中を歩けばいいでしょって思ってたのね。そしたら真っ暗な海って思ったより怖くて、結局上の岩場を通ったよ。

    リコ:お客さん用のキャンプサイトも、海からすごく近いよね。一番浜辺側にテントを張った人は、海を見ながらのんびりバーベキューしてて楽しそうだった。ステージもすぐ目の前で便利だし。

    アリモト:あそこは芝生で平らだからテントも建てやすそうだったね。良いキャンプサイトだと思う。

    :そういえばキャンプサイト券は売り切れてたんだよね。

    リコ:そうそう。でもキャンプしなくても朝まで遊べるように、リトルフォレストっていうDJブースが夜の11時から朝までやってたよ。

    みんなの服装

    ushimado_photo_0022

    リコ:砂浜を歩くことが多いからビーサンは必須かな。遊泳は禁止だけど足だけでも海に入りたいし。

    :俺、海水浴のイメージで行ったから、海パンとシャツっていう薄着だったけど、お客さんは意外とアウトドアな格好だったね。

    アリモト:そうそう。上半身がアウトドアで下半身がリゾート、っていう人が多かったね。それから麦わら帽子はかぶりたかった!(笑)そういう雰囲気だもん。

    :レギンス履いていた人が多いのは、虫対策もあったのかな。

    リコ:蚊、いたね。テント張っている時に寄ってきた。すぐ虫除スプレーしたから刺されなかったけど。

    アリモト:俺、めっちゃ刺された(笑)。それから夜はちょっと寒かったね。ほぼフジロックの時の服装になる。

    リコ:半袖は寒い。特に潮風が吹くと。私は寒がりだから、レインジャケット着て大判ストールをスカートみたいに巻いてた。

    :お客さんはほとんどフェス経験者っていうくらい、こなれた格好してる人が多かったね。アウトドア系の服を1、2着くらい取り入れる感じで。そういえば、メタルTシャツ着てた人もいた。

    リコ:フジロックTシャツ着た人も見つけたよ。紺色の。ちょっとうれしかった。

    アリモト:でもフェスっぽい服装じゃないお客さんもいたよね。アウトドアじゃなくて街で着ている服そのままの感じ。

    リコ:島でキャンプせずに港近くにある宿に泊まるなら普段着で気軽に来れるしね。

    フェスごはん

    ushimado_photo_0043

    :みんな最初に何食べた?

    アリモト:ジャークチキン。

    :あれうまかったね。匂いにつられたよね。

    アリモト:まずはビールだから、それに合うもので。島に早く着いたから他にお店が開いてなかったっていうのもあるけど。

    :俺が最初に食べたのは、スペイン風シチューかな。

    リコ:モヒートバーで売ってたトリッパみたいなやつね。マイルドなトマト風味で美味しかった。

    :あれ最初すーごい辛くてさ。

    リコ:そうだったの!?(笑)

    :俺、実は自分で買って食べたのそれしかない(笑)。夜は知り合いがバーベキューしてて、スペアリブとパンと牡蠣の燻製みたいなものを食べたよ。

    リコ:私はお昼にお米が食べたくてロコモコを。注文してからハンバーグ焼いてくれたよ。フェスご飯で800円は少し高いかなと思ったけど美味しかったから良し(笑)。

    :俺は基本、お酒ばっか飲んでたな。

    アリモト:お酒と言えば、岡山のクラフトビールあったよね。しかも、値段が500円なのはうれしかった。

    リコ:吉備土手下麦酒醸造所、美味しかったね。私はビール党じゃないけど、リピートしたわ。黒いほう。

    :最近クラフトビール多いよね?

    アリモト:そうだね。フェスでの出店が増えてきて酒好きにはうれしい。

    リコ:フジロックでもあったっけ?

    :あちこちあったよ。俺はワールドレストランとフィールド・オブ・ヘブンで飲んだ。

    :あと、香川県が近いということもあって、うどんが美味そうだった。夜寒くなってきて食べようと思ったらもう閉まってたけど(笑)。

    アリモト:そうそう、うどん食べたかったなあ。

    :そういえば、岡山なのにオリーブ関係がなかったね。

    アリモト:でも、イタリアン風のお店がパスタを出していて、そこにはオリーブオイルが並んでたよ。

    リコ:オリーブのフライがあるといいな。アリモトさんが月曜の朝に食べてたマッシュルームフライはすごく美味しかった。朝からクラフトビールが進んだもん(笑)

    :フードは、国でいうとジャマイカ、イタリア、スペイン、ハワイ、日本ってところかな?あ、そういえばカレーってあったの?

    アリモト:それがなかった。

    リコ:アリモトさんが「フェスなのにカレーがない!」って(笑)

    アリモト:だから帰りのサービスエリアで食べるって決めた(笑)

    :まあ、基本キャンプだから自分達で作って食べるのがメインていう感じはあったよね。

     

    NEXT PAGE:フェスの過ごし方~ワークショップ編~/フェスの過ごし方~散歩編~/フェスの過ごし方~釣り編~/フェスの過ごし方~夜編~/参加した感想

    この記事に関するFacebookコメント

FUJIROCK EXPRESS ’19

FUJIROCK EXPRESS '19

FUJIROCK EXPRESS INSTAGRAM

FUJIROCK EXPRESS INSTAGRAM

FUJIROCK EXPRESS LIVEREPORT ARCHIVE アプリをリリースしました!

FUJIROCK EXPRESS LIVEREPORT ARCHIVE アプリをリリースしました
PAGE TOP