FUJIROCKERS.ORG

FUJIROCKERS.ORG






インタビュー

    フジロック出演アーティスト、チャットモンチー 単独インタビュー

    昨年、バンドメンバー、高橋久美子(Dr, Cho)の脱退を受け、橋本絵莉子と福岡晃子の2人体制になったチャットモンチー。音楽が好きな人はもちろんのこと、普段から音楽に馴染みの無い人でさえ、チャットモンチーというバンド名を知らない人はいないはず。それほどの知名度を持つ彼女たちでさえ、今までフジロックのステージに立つことはできませんでした。そして今年、彼女たちは初日のレッドマーキーで演奏します。

    といっても、ご存知の方がいるかもしれませんが、彼女たちは2010年のフジロックでアバロンステージに出演しています。その時は、チャットモンチーというバンド名ではなく、橋本・F・高橋という摩訶不思議なバンド名でした。なぜ別名で出ることになったのでしょうか。今回は、その時の裏話から今年出演できることの喜び、彼女たちのフジロックに対する想いを訊いてきました。会話が進むにつれて、男性顔負けの骨太ロックンロールを演奏する彼女たちから、フジロッカーのみなさんと同じく音楽を愛してやまない姿が垣間見れました。


    写真、左から橋本絵莉子(以下、橋本)、福岡晃子(以下、福岡)

    新生チャットモンチー

    ― まず、耳にたこができるほど質問されているかもしれませんが、2人体制になってどんな変化がありましたか?

    橋本 1番大きいのは、あっこちゃん(福岡)がドラムをやっているということだと思います。

    ― やはり、そこですよね。福岡さんがドラムを始めたことに、正直驚きました。以来、ライヴの入場SEがメイツオブステイト(U.Sの2ピースバンド)の「Proofs」になっています。他の2ピースのバンドを意識していますか?

    福岡 2ピースのバンドには注目しています。ただ、みんないっぱい音を入れているので、純粋な2ピースって本当に少ないんですよね。ライヴ映像を検索したりして、2人でいろいろ観ますけど、本当に2人でやっている人は少ないので。サポートがいても2ピースの感じがすごいと思える理由を探したりとか。お互いに、「こういうバンドがいたよ」って言い合ったりして。今じゃそれだけにとどまらず、1人でなんでもかんでもやっている人が面白いなと。足と手4本で、どれだけ楽器を担当できるのかとか、右手で何をやるかとか、左足で何をやるかとか(笑)。あと、口もある。ハーモニカも吹けるし、笛も吹けるなとか。手と足と口で、意外といろいろ演奏ができるんだなって。それでカッコいいところを目指していくっていうのが、今とっても面白いです。

    ― 音楽への探究心が爆発しているんですね。もう、今年に入ってから4枚目のシングル「きらきらひかれ」がリリースになります。

    福岡 今回はアジカン(アジアン・カンフー・ジェネレーション)のゴッチさん(後藤正文)にプロデュースしてもらっているんです。で、ゴッチさんが「速い曲を作ろうぜ」と言ってくれて。2人体制になってまだ速い曲がなかったので、「挑戦してみよう」ということで作ったんですよ。

    ― その言葉の通り、「きらきらひかれ」はとてもスピード感がある曲でした。福岡さんは2人体制になってからドラムを始めて、まだ1年も経ってない中で、あれほど速い曲を演奏するのは大変だったんじゃないでしょうか。

    福岡 本当にドラムが上手い方は、バスドラムをすごく多用する曲になると思うんです。けど、私はまだ始めたばっかりだったから、速い曲をどうやろうかなって悩んだ時に、バスドラムの代わりにフロアタムを使おうと。フロアタムならとても速く叩けるから。それを考えた時に速い曲が全然できるなと思って。そうすると、ただ手を速く動かすだけなんで、すごく楽です (笑)。

    フジロックへの想い

    ― 変名バンド、橋本・F・高橋で出演した際のMCにおいて、橋本さんの口から「フジロックに出るのが夢でした」という言葉がありました。『フジロック』に対してどんな想いを持っていたのですか?

    橋本 あっこちゃん(福岡)の方がずいぶんと前からフジロックを知ってたよね。

    福岡 徳島を出るまでは、フジロックに行ったことがなくて。私が中学生くらいの時から友達がフジロックに行き出したんです。私は『MTV』や『スペースシャワー』などで放送しているライヴ映像をいつも観ていて、こんなに泥だらけになって楽しいフェスってなんだろうって。ライヴに行くだけでもすごく大変なのに、ぐちゃぐちゃになっていながら、みんな笑顔という(笑)。「すごいなぁ」といつも思っていました。で、実際自分がお客さんとして行くようになったんですよ。今フェスってたくさんありますけど、フジロックはナチュラルにいられるフェスだと思います。ライヴを観たい時に歩いて観に行けて、雨が降ったら休んでとか。必死になりすぎないフェスという感じがするんです。観なくても遠巻きに聴いているだけで楽しい。本来、音楽ってそういう時に聴くものだよなって思わせてくれる。で、ちょっと足を伸ばせば、すごく観たかった人が観られるっていう、なかなかないフェスだなって。

    ― お2人が最初に行ったのはいつ頃になるのですか?

    福岡 5年前くらいですかね。まだそんなもんです。

    橋本 あっこちゃんに誘われて一緒に行って。

    ― フジロックに行ってみての率直な感想を教えていただけると。

    福岡 環境はなんていうか、サバイバル。あと、誰かとずっと一緒じゃなくても、会った友達といろんなとこ行ったりして、そういうのがめちゃくちゃ楽しい。他にも「この時には会おうね」とか、偶然知り合いに会ったりとか。キャンプをしたこともあるんですけど、テントブースでいきなり歌いだす人とかいて面白かったです(笑)。

    橋本 会場が広くて大変だけど、移動するのが楽しいですよね。モノがいっぱいあるから。最初フジロックに来た時、石に顔(ゴンちゃん)が書いてあったりして、「うわぁー!」ってなりました。とってもカワイイと思って。

    ― フジロックの会場で好きな場所というと?

    橋本 私、ところ天国というところが好きです。足を川につけられるし。すごく涼しいってイメージがあって。あの河原の辺がすごく涼しくて、ビックリしなかった?

    福岡 うん。私が好きな場所はオアシスかな。たくさん友だちと会うから、苗場食堂前で待ち合わせとか(笑)。

    変名バンド、橋本・F・高橋

    ― 2010年にはお客さんではなく、アーティストとして苗場の地を踏むことになりました。でも、この時はチャットモンチーではなく、橋本・F・高橋という変名バンドで。これはどのような経緯があったのですか?

    橋本 オーディションに出て、フジロックに出演しようという魂胆で。とりあえずバンド名を橋本・F・高橋にして。でも、応募の手紙には「チャットモンチーです」と書いて、「フジロックに出たいんですけど」と念を込めて。

    ― 自分たちで手紙を送ったと。

    橋本 なんとかフジロックに出ようと思って、自分たちで音源も録って応募して。

    福岡 音源も出演の応募用に「アコースティックバンドです」みたいな感じで、アコースティックであった曲を同封しました。アーティスト写真も顔を写さずに、指人形にして撮りましたね。

    ― フジロックに出たいと言い出したのは福岡さん?

    福岡 その時、ドラムの久美子が「こういうオーディションがあるらしい」と見つけて来たんです(笑)。それで「名前を変えて出よう」みたいになって。ちゃんとマネージャーさんの了解を得てなんですけど、「可能ならやろう」となり、オーディションに通って。

    ― それで出演が決まったんですね(笑)。アーティストとして来たフジロックはどんな風に過ごしたんですか?

    福岡 その時は今までフジロックに行った中で、1番何にも観れなかったですね(笑)。

    橋本 何にもね(笑)。だから、観ることができたのが前夜祭ぐらいで。

    福岡 雨の中、自分の車から楽器を持って搬入をやって、アッシュを横目で観たくらいでした。

    橋本 ステージを観るのに立ち止まるのも、荷物を置くついでみたいな感じで。なので、今年は全然違う気がするね。

    ― アバロンに楽器を搬入しているアーティストさん、大変ですよね。雨が降っていると、なおさらそう思います。で、アバロンで演奏してみてどんな感想でした?

    福岡 お客さんがみんな立っていて、ぎゅうぎゅうになるほど、来てくださっていて。

    橋本 ガシガシとエレキギターでやるライヴじゃなかったから、ちょっと申し訳なかったというか。

    ― やっぱり、ガシガシやりたかったんですね。

    橋本 あれだけ観に来てくださっていたので、「ほんまはこっち(エレキギター)です」ってやりたかったけど、橋本・F・高橋なので大人し目にって(笑)。

    チャットモンチーとして迎えるフジロック

    ― そして今年、念願叶ってチャットモンチーとしての出演が決まりました。出演すると聞いた時、どんな気持ちでしたか?

    橋本 やっと出演できるって思いました。あっこちゃん、すごく喜んでたよね。

    福岡 むちゃくちゃ嬉しかった。呼ばれなくても観に行っているくらいなので、出れたら嬉しいですよね(笑)。

    ― 今年の出演ステージがレッドマーキーになりました。

    福岡 レッドマーキーすごくいいと思いました。「やった!」って。テントだし、雨が降っていても無敵!みたいなとこがあるし(笑)。

    ― 前回はアバロンだったので楽器の制限などあったと思うんですが、今回はレッドマーキーなのでチャットモンチー本来の姿を観られるなと期待しています!

    福岡 レッドマーキーは、えっちゃん(橋本)と一緒に行った時があるんですけど、前夜祭からえらく盛り上がっていたんです。すごくいいなと思って。前夜祭だけでも出して欲しいと思いました(笑)。

    橋本 言っていたね、あっこちゃん(笑)。「前夜祭だけでも!」って。

    福岡 こんな盛り上がるんだったら「前夜祭に出たい!」って。

    橋本 すごかったもんね。(前夜祭は入場無料なので)近所の子どもたちもいっぱい来ていて。お祭りみたいな感じで、そりゃ楽しいよねって思いました。

    ― 前夜祭でライヴがあるのはレッドマーキーだけなので、1年間待ちに待ったオーディエンスの盛り上がりは尋常ではないですからね。ぜひとも今年の前夜祭に出てほしいです。本番は金曜日(7月27日)になりました。気になる海外アーティストはいますか?

    橋本 私、出演日が違うんですけど、ジャック・ホワイトが観たかったです。一緒でありますようにって願っていて。違う日になってしまったんですが、同じフェスティバルに出られるだけで嬉しいです。

    ― ジャックがやっていたホワイト・ストライプスもギターヴォーカルとドラムの2ピースですよね。

    橋本 2ピースになるってなった時によく聴き始めたというか、DVDを観始めたんです。どうやってライヴをやっているのかなって。

    ― 研究のために、ですね。

    橋本 そうです。それで観ていたんですけど、今はソロになってからのかっこよさに、別の角度から惹かれています。パワフルでとっても魅力的なんですよね。歌い方とかも。

    ― 福岡さんはどのアーティストが気になりますか?

    福岡 気になっているバンドいっぱいありますけど、絶対観たいのはクークスですね。すごいファンなんで。あと、日本のバンドなんですけどザ・ブルー・ハーブ観たいんですよね。

    橋本 うん、気になる! 国内のアーティストは、どういうステージをするんだろうって。フジロックって場所で、どういう感じでやるんだろうって、観てみたいっていう気持ちがあります。

    ― なるほど。では、チャットモンチーがどんなステージングをするのか楽しみにしているフジロッカーズのみなさんにメッセージをお願いします。

    橋本 バンドで出るのが初めてだから、すごくテンション上がっていると思うので、楽しみにしていて欲しいです。出演できて嬉しいので、緊張してアワアワとかじゃないと思うので。タイミングよかったら、お客さん全員に観に来てほしいですね。レッドマーキーに集まって欲しいと思います。

    福岡 あんまり、チャットモンチーを観る機会のない人はぜひこの機会に(笑)。フジのお客さんで普段チャットを観に来る人、少ないかもしれないですからね。

    ― 最後にお2人からフジロックへの意気込みを。

    橋本 どれくらいの人が今まで、チャットを観たことあるのか分からないから、あんまり考えずにいいライヴをしたいと思います。チャットのライヴが始まってから終わるまでにどんどんお客さんが増えたらいいなって。

    福岡 みんな『Twitter』でもやって、「(チャットモンチー)なう」とかつぶやいたりして欲しいです(笑)。

    橋本 チャットの時にレッドマーキーが待ち合わせ場所みたいになったらいいんで。

    福岡 ライヴを観て、みんなが「あっ!」となればいいですね(笑)。

    橋本 そうだね(笑)。

    ― 「あっ!」となるライヴを期待しています。

    福岡 はい、ビビらしてやりますよ(笑)。

    橋本 (笑)。ほんまやね。

    <チャットモンチー公式サイト> http://www.chatmonchy.com/「きらきらひかれ」
    発売日:2012年7月4日(水)
    収録内容:M1「きらきらひかれ」、M2「カリソメソッド」
    発売:キューンミュージック

    写真 Chieko Kato
    インタビュー&文章 小川 泰明