From The Blog

ライヴ・レポート「Riddim Saunter FAREWELL PARTY @ Nakano Sunplaza 2011.09.03」


 2011年9月3日。フジロックの余韻に浸っていた頭を殴られるかのような、リディムサウンターの突然の解散発表があってから1カ月。とうとうこの日が来てしまった。「FAREWELL PARTY」と銘打ったラスト・ライヴ。会場となった中野サンプラザホールを見回すと、談笑する人や、白ブチ眼鏡をかけたメンバーのそっくりさんもちらほらいたりして、普段のライヴとなんら変わりない風景が広がっていた。しかし、客電が落ち、BGMも何も無くメンバーが粛々とステージに上がってくる姿を見ると、「ああ、やっぱりいつもと同じというワケにはいかないんだな。そういう心構えでお互い臨まないといけないんだな」と改めて感じる。田中啓史(Vo)、古川太一(Dr)、佐藤寛(Gt)、本間寛人(Trumpet,Flute)、浜田将充(Ba)、リディムサウンター5人でやる最後のライヴ。一挙手一投足も見逃したくない。一音たりとも聞き逃したくない。そう気を引き締め直して、ステージと向かい合った。

 「Dear Joyce」から始まり、「MUSIC BY」〜「I’m Dabbling」〜「BREEZINESS」〜「The Moon at Dawn」と続いていく流れの中で、見る側、やる側ともに、それぞれの中にさまざまな場面が思い浮かんでいたことだろう。それは地方の小さなライヴハウスかもしれないし、苗場の空の下かもしれない。雨の苗場食堂、サンセット・ライヴでの青空、海辺の夕日、教会、本屋、深夜のクラブetc……。ジャンル、場所を問わず、いろいろなところでいろいろなライヴをやってきた彼らだから、思い出す光景は限りがないように思える。

 1曲ずつ、一音ずつ、思い入れの深い曲たちをしっかりと演奏していくようなライヴだった。座席指定という会場の雰囲気もあるかもしれないけれど、こんなに丁寧にライヴを進行するリディムサウンターを観るのは初めてかもしれない。途中、「楽しいと思っている人、淋しいなっていう人、悲しい人、私はちょっと怒っていますっていう人もいると思います。そういう気持ち全部を持って、今、この時間を過ごして下さい。僕たちもそうします」とKCが話していた。ものすごく正直で、妙に納得のいく言葉。その言葉のおかげでさらに真っ直ぐこのステージと向かい合えた気がする。いろんな想いを含んで、2011年9月3日という時が進んでいった。

「Color Of Daytime」の時、客席で振られたたくさんのペンライト、「Waltz Of The Twins」で広がった星空、「Sweet&Still」の音がとぎれる部分でヒロシが無言で高々と突き上げ、なかなか降ろさなかった右手。たくさんの感動する場面があった。中でも私が一番「うわぁ」と思ったのは、座席に構うことなくKCが客席に突っ込んできたときだ。フジロックのステージで、オーディエンスに向かって満面の笑みで腕を広げる姿はいつだって「この人には音楽の神様がついている」と思わせた。この日、客席の中に立ち思いっきり歌う彼にもまったく同じものが見えた。正直に言えば、この続きをもう一度苗場で見たかったというのが本音だ。それがムリだと分かった今は、いつかまた、この光景が観られたらいいなと思う。少し時間が経った後にでもその願いがかなえられればいいと。

 「Sweet&Still」が始まる前、「Epilogue」が流れる中、KCがその場の空気を噛みしめるように、確かめるように「リディムサウンターを終わります」と言った。一緒に遊んできた大きなパーティーが終わる。本編最後は「Fresh」でお互い後悔のないように踊り、飛び跳ね、彼らが「おまけ」と呼んでいるアンコールでは、アルバム『Days Lead』以降、唯一できた新曲「Guest Of A Christmas」で季節外れのクリスマス・ソングを一緒に歌った。アンコールはこの1曲のみ。本当にすべてが終わった。

 メンバーがステージを去り、「Blank Note –Epilogue-」をBGMに、静かに降りた緞帳には風景画のような光が映しだされていた。それを見つめながら、誰ひとりとして動こうとしない場内。再登場を求めるでもなく、声を上げるでもなく、ただひたすら立ち尽くしていた。ひとつのバンドの終わりと、その存在の大きさ、リディムサウンターへの愛情を実感する場面だった。

 アンコール1回、トータル約2時間。ある意味淡々と、自分達のやるべきことをきっちりやって、ステージを降りたリディムサウンター。ずっと観る人を笑顔にしてきた彼ららしく、湿っぽい空気のない、潔いラスト・ライヴだった。

text:Nozomi Wachi
photos:Tetsuya Yamakawa (Riddim Saunter Official)

リディムサウンター、フジロック出演の記録
2008年 初出場。初々しさを感じる木道亭
2008年 初出場とは思えない衝撃のパフォーマンスをみせたレッドマーキー
2010年「ベストアクト」の声も聞かれた感動のホワイトステージ
2010年 大雨の中、堂々とこの年のトリを務めた苗場食堂
2011年 カジヒデキとリディムサウンターとして出演。観客を熱狂させたジプシー・アヴァロン

Thank You! Riddim Saunter!!!

Tags: 


No comments yet.

Leave a Reply